前へ
次へ

場違いを避けたいお葬式やお別れ会に着ていく服装

通夜やお葬式に参列するときは略式の礼服を着用するのが一般的でブラックスーツが基本ですが、ダークグレーのスーツしか持っていない場合にはできるだけ目立たないデザインのものを選んで着用しましょう。
白のYシャツに黒い無地のネクタイと黒の靴下は、安い価格で買い求めることができるので揃えておいたほうが無難です。
仮通夜の場合はブラックスーツを着て行ってしまうと、あらかじめ不幸を予期していたかのように遺族に捉えられてしまうため、喪服を持っていても地味な平服を着ていくのがマナーになります。
お葬式のマナーは宗教やその地域によって異なっていることがあるため、初めて参列するようなときには他の人に確認しておいたほうが安心です。
お葬式は近親者で行い後日お別れ会が行われる場合も、平服でと案内が来ますが普段着を着て行ってはいけません。
ブラックの必要はありませんが、落ち着いた色合いのスーツで行くようにすれば場違いにならずに済みます。

Page Top